スポンサードリンク

夢見る主婦のキラキラ大人女子日記

主婦だって女だからいつまでもキラキラしていたい゜:。* ゜大人女子の輝くハウツー✨✨.

【スポンサーリンク】

【オートファジー】ノーベル賞受賞ダイエット

【スポンサーリンク】

 

皆さまこんにちは

夢見るキラキラ主婦   萌  リノ   ( @kirakira_lino_ )です。

 

今回は、今までのダイエットの常識を覆す新しいダイエット方法がある博士の研究の結果でノーベル賞を受賞しました。

 

その新しいダイエットのやり方や注意点をまとめていきたいと思います。

 

 

 

研究結果

 

2016年ノーベル医学・生理学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授・大隅良典教授の「オートファジーのメカニズム」

 

ここ数年今までのダイエットの常識覆すダイエット法がひそかに浸透してきています。

今までのダイエットの常識では、食事少なく何回かに分けて摂り、血糖値を安定させて太りにくくするという手法が一般的でした。

 

しかし、この大隅教授が発表したオートファジーでは、身体を長い時間飢餓状態にすることによって細胞が活性化されて、結果代謝が上がりダイエットに効果的でアンチエイジングにも良いという訳です。

 

オートファジーってなに?

 

オートファジーとは自身の細胞の「自食作用」

 

ギリシャ語で auto オート (自分自身)  phagy ファジー (食べる)

自分自身を食べるという意味の細胞のリサイクルシステム表します。

 

オートファジーとは、長い間蓄積してきた古い細胞タンパク質を、細胞自身が分解して新しいたんぱく質を作り出し、新鮮な細胞に作り直す機能です。

 

人間の身体は、2万種類を超える細胞で作られていると言われています。

その細胞の主原料となっているのがたんぱく質です。たんぱく質を分解したものがアミノ酸です。

 

細胞では日々や古くなったたんぱく質や不要物質がたまっていきます。古くなった自分自身のたんぱく質アミノ酸に分解し、そのアミノ酸を原料として新しいたんぱく質が作られます。

 

つまり、オートファジーとは細胞レベルで古い細胞が新しく生まれ変わり結果身体にとって良い効果が期待できるということです。

 

ダイエットウィンドウ

 

f:id:kirakiraotonajyoshi:20181126180914j:plain

 

『ダイエットウィンドウ』とは、一日の最初の食事から最後の食事までの時間を指します。

 

例えば、 朝 8時朝食を摂ったとします。そして、夜 夕食を8時に摂るとダイエットウィンドウは、12時間になります。

 

大隅教授の研究が発表されるまえは、食事を少なく何回かに分けて摂った方が脂肪が付きにくいと言われてきましたが、アメリカのある研究所の調査によると、ダイエットウィンドウが 12時間の人より6時間の人の方が健康的であるという結果が出ています。

 

食べたい物を好きな時に食べる生活を続けていると、体内にのリズムを崩し自律神経の乱れにもつながってしまいます。

 

 この、ダイエットウィンドウを短くすることによって飢餓状態になりオートファジー機能が活性化してイエット効果が期待できるそうです。

 

メリット

 

ダイエットウィンドウを短くする事によって「コレステロール」「血糖値」「食欲」「体重」などの数値に健康的な改善が見られました。

 

体脂肪は夜に燃焼されやすいと言われています。早い時間に食事を終わらせて 脂肪燃焼に備えると良いそうです。

 

ダイエットウィンドウを短くする事によって、他にも多くのメリットがあります。

 

  •  紫外線に対する保護能力が強化される
  • 皮膚がん発症のリスクの低減
  • 高血圧・乳がん発症のリスクが著しく低下
  • 糖尿病の発症のリスクの低下
  • 睡眠の質の向上

他にも

 ★お肌の調子が良くなった

 ★お通じが良く待った

 ★変な食欲が収まった

 

などなど  あります。

 

やり方

 

 朝は 6時~7時には起床しましょう。

 起床後30分~1時間後には朝食を摂りましょう。

 昼食より朝食をしっかり摂りましょう。

 

摂取カロリーそのままで、好きなものを食べて大丈夫です。

ダイエットウィンドウを8時間~9時間にしましょう。

 

7時に起床

8時~9時には健康的な朝食を摂り

お昼は軽めのランチ

5時~6時に夕食を済ませる

 

普通に仕事をしている社会人には、ちょっと大変かもしれませんね。

どうしても仕事で食事が遅くなりそうなときは、ちょっと休憩を取っておやつを食べてみたり、その日はいつもより早めに食事を終わらせてみても良いかもしれません。

 

自分に合ったスタイルでストレスなく出来るように様子を見ながら変えていきましょう。

 

注意点

 

  • 起床は早めに、遅くても7時には起きましょう。
  • 食事は、朝食をしっかりとり昼、夜、と軽めにしていきましょう。
  • 食事内容は自由ですが、何食べてもいいからと言ってドカ食いはやめましょう。(カロリーの摂り過ぎにならないように)
  • 夜は早めに寝ましょう。(上質な睡眠をとるために)
  • 全く食べないのはやめましょう。

 

 

何でもやり過ぎは身体によくないので、自分の身体と向き合って様子を見ながら少しづつ試していきましょう。心身ともに綺麗になれるかもしれません。

 

ノーベル賞受賞ダイエット』科学を信じて試してみませんか?